農園Top  ・阿古三無園  ・杉浦農園    F2Kについて  ・Farm to Kitchen Foods Home
ファーム トゥ キッチン フーズ

杉浦農園  杉浦 英二
僕は農業を始めて3年目になります。その農業は農薬や化学肥料をできるだけ使わないやり方です。化学肥料は畑では使わず(苗作りで液肥を使うことがたまにあるくらい)、堆肥や有機肥料を使って健全で、栄養たっぷりで、その上おいしい野菜やお米を・・・・おいしさは皆さまのご判断。
農薬については必要悪との認識です。農薬なしで国民の食料を供給することは現状無理だと思います。ただし、農薬に初めから頼ってしまう、農薬使って当たり前という現代の風潮には反対です。
今の農業は農薬の散布回数などが決められていて、その限度内なら使ってもよしという考え方ですが、本来農薬は薬というよりは毒物としての特性があるのだからその危険性をもっとアピールした上で使用者にも注意を促す必要があると思います。

農薬を使用してもっとも危険なのは農業者自身なのですから。「農薬」と人間が服用する「薬」とは正反対の特性であることをわすれてはいけません。

そして、こうした従来の農薬に関する考え方では、減農薬にはなっても無農薬には至らないと思います。僕の考えは農薬はゼロが基本で、まずは農薬に頼らない方法(疎植にする・堆肥やボカシ肥を使う・旬にあわせて作る・輪作や混作をするなど)を行い、それでも問題がある場合に農薬を使用するということです。

健全な生育をすれば農薬など使わなくてもそこそこ収量も上がり、むしろ良い品質の野菜が獲れるということを農業者もおそらく感じたことがあるのではないでしょうか。

                    杉浦農園ブログへ






 

 
・・・とはいいましても無農薬は大変です。 野菜をつくる土も野菜自身も天候も「不均一」の世界ですから工場のように平均的なものを見込んだ数量だけ獲れるわけではありません。土をよくして健全に育てたつもりでも、思わぬ天候不順などにより大打撃を受けることが多々あります。 

このようなとき、「今農薬を散布すれば・・・」なんて思うこともしばしばですが、たとえ減収してもぐっとがまんして回復を待つことがほとんどです。 

結果として全滅したこともありますけど。ですから、経済事情から農薬の使用に踏み切ることもあるかと思います。ただ、全滅することは非常にまれで、なんとか収穫が見込めるものです。とにもかくにも不健全な生育をさせないことがまずは大事です。

僕は、正直さくらいしか取り柄がないのですが、自分の農業の現状を正しく消費の現場に伝えることを第一に考えて農業をしようと思っています。また一方で、生産の現場をご理解頂くには皆さんにもご勉強して頂かなくてはならないこともあると思います。お互いが理解し合うこと、そのためにも筆無精ながらがんばってコメントを書いていきたいです。

今後ともよろしくお願いします
いろいろなものと闘いながら無農薬野菜を作る








台風で温室のビニールがボロボロになった。 実ったとうもろこしは、一晩で猪に食べつくされてしまった。 
勉強会
  

    

  
日本ベジタブル&フルーツマイスター ジュニアマイスター達


御所市伏見



 

納入レストラン
わだきん 洋食屋(グリル&コーヒー)
奈良県御所市宮戸町110
TEL:0745-66-1511


農園Top  ・阿古三無園  ・杉浦農園   ・F2Kについて  ・Farm to Kitchen Foods Home